当社製作のDIYビデオマガジンシリーズを下記のホームページで販売しています。
30秒程度のプレビュー動画もご覧いただけます。


木工の本第2弾

「杉田式ノコギリ木工のすべて」は手工具と西洋カンナを使い本格木工をめざしています。騒音が出ずコンパクトな木工なのでマンションでも実践可能です。釘を使わない木組みの本格木工に誰でもチャレンジできます。木工でも必要になる金属加工についてもページを割いて紹介しています。また、本格的なワークベンチの作り方とその使い方を詳しく解説しています。第1弾の「超画期的木工テクニック集」につづく、木工趣味人のための書です。

 

「杉田式・ノコギリ木工のすべて」
(239ページ全カラー/B5判)
価格:3,200円+税
オーム社
ISBN:978-4-274-05062-6

 



 

1年間書き溜めた木工テクニックの原稿が本になりました。ドリル以外の電動工具は使わず、自作道具と西洋カンナを使った木工です。マンションでの木工や電動工具の騒音が気になる方にはこの本が解決策になると思います。静かで安全な木工です。
自作道具のおかげで作品完成までのアプローチが従来の木工より簡単かつ精密になっています。
全国の書店および上記ウェブショップでお求めください。



「超画期的 木工テクニック集」
(192ページ全カラー/サイズ:202×257mm)
価格:2,800円+税
㈱スタジオ タック クリエイティブ
ISBN:978-4-88393-584-0

本書の自作道具の1つをご紹介します。
写真は相欠き継ぎ(あいがきつぎ)を加工しています。互いの材の半分ほどを切り欠き接合する継ぎ手です。間もなく不要部分が切り落とされようとしています。材は自作の縦挽きガイドに固定され、ノコギリで縦に、真下に切り込んでいます。それを可能にしているのが、スペーサーと呼ばれる、板にマグネットシート(磁石の粉を混ぜたゴムシート)を貼ったものです。切り始めは、スペーサーにノコ刃をあてがいます。すると、磁力によりしっかりマグネットシートに引きつけられるので、あとは真下に切り込んでいくだけです。この単純な道具を使うだけで加工精度が飛躍的にアップし、本格木工が可能になります。本書ではこうした方法で様々な作品を作り、継ぎ手をマスターしていきます。

杉田豊久

 
     

ホームへ